今はトレンド期間か、レンジ期間か

FXは基本的には今買うのか売るのか何もしないのかを判断することからトレードが始まります。

トレードにはさまざまな手法がありますが、同じ条件でエントリーしても利益となるときもあれば損失となるときもあります。どうしてそうなるかというと、トレンド相場のときとレンジ相場のときでは同じシグナルでも正反対の意味になるからです。例えば前回高値近辺に来たとき、トレンド相場であればそこからさらに上昇していくことになりますが、レンジ相場では反転して下落することとなります。

ということはまずは「今はトレンドなのか」「今はレンジなのか」をしっかり判断することができれば利益に結びつくエントリーは半分は成功するということになります。

テクニカル手法で代表的な移動平均線はまさにトレンドを見極めるものですし、ボリンジャーバンドもトレンドとレンジの見極めに大きな力となる手法です。
とりあえずはトレンドがはっきり出ているときのみそのトレンドにのっかる手法(いわゆる順張り)を極めてみるのが確実に利益をものにする近道だと思います。

FXの魅力と、その大きな特徴

アベノミクスによる円安で株を始める人が増えていますが、同時にFXにも関心を持つ人が増えてきています。どちらも資産を大きく増やすことのできる可能性を秘めている魅力的なものですが、FXには独特の魅力があるのも確かです。

基本的には為替の動きを注視していくのでわかりやすいということがありますし、取り引き時間も自由ということがあります。株などの市場は時間が決まっているのですが、FXに関していうならば24時間いつでも取り引きができるのです。ですから仕事が終わって自宅に帰ってからじっくり為替をにらむことができます。特に夜の時間帯に値動きが大きくなるので、その時間にトレードするならば利益をあげることができます。夜勤のある人でも昼間取り引きができるので便利なのです。

FXにはレバレッジというものがあり、これで大儲けする人もたくさんいます。
効率よく稼ぎたい方は、このレバレッジを高くするのが常道です。
そしてそれには法人向け口座がオススメです。

FXで稼げている自身のある人は法人口座を利用することをおすすめします。金融庁がレバレッジ規制として2010年に50倍、2011年に25倍と段階的に引き下げたことで、今までハイレバレッジトレードで稼いでいたトレーダーにとっては痛手となってしまいました。しかしながら、法人口座を利用すればレバレッジ規制の適用外となり、最大レバレッジを300倍も効かせる業者の口座もあるほどです。

(引用:FX法人口座ナビ | 法人でFX取引するための手引き

そうした可能性があるのがFXの最大の魅力であり、このFXで副収入とすることもできれば、本業よりも稼いでしまうことも珍しいことではなくなるのです。

様々な視点からチェックして自分に最適なFX業者選び

スプレッドが狭ければFXで有利なのは周知の事実です。

FX口座の取引条件を確認する際に一番注目すべき点は、取引コストとなるスプレッドですよね。スプレッドがなるべく低いFX業者を選ぶことが、後々高い成果や最高の取引パフォーマンスにつながります。

(引用:スプレッドで比較 | FX法人口座ナビ

そうは言っても、取引の勝敗はその一点だけで決まるわけではないのであまりスプレッドだけを見すぎて他の様々な要因を軽視せず、総合的に判断して取引業者を選ぶほうがいいと感じました。
特に人気のあるところだとその分だけ人も集まりやすいですし、取引が集中してサーバーがダウンしたりスリッページが起きたりといったことになれば、スプレッドの差というアドバンテージに意味がなくなるのでできれば複数社で試してみて見極めたいところです。

それにFX業者の多くはキャンペーンや条件付で一時的にスプレッドが狭くなることがあるから、普段の取引で特別狭いところでなくても有利に立てて且つ快適なサーバーでトラブルの少ない取引が可能なところもあります。
だからずっとスプレッドの狭さばかり気になっていた私も他の条件を確かめてから新たに口座を開設するようになり、今は自分にとって最高だと感じる環境のFX業者とめぐり合えたのでそれからは思いっきりFXをする毎日です。

低資金の時のFXを楽しむコツ

FXは能力で利益が増減したり、時にはマイナスになったりしますが、絶対的な基準として元手の金額にかなり左右されます。5万円稼ぎたい、と初心者の人が思ったとしても、10万円で稼ぐのと100万円で稼ぐのにはかなり難易度に差があります。

今は10万円ぐらいでFXをやる事が出来るようになりましたが、自分にとって有用な金額をコレで稼ぐのはなかなか難しいと言わざるを得ません。月に20%勝てたら結構なモノだと思いますが、労力もかなり掛って一カ月2万円欠けるぐらいでは、なかなかモチベーションも上がりません。

最終的には大き目の金額でやっていきたいモノですが、低資金の時にFXを楽しむコツは、自分のデータがありますね。大体で構わないので自分の全取引をメモしたり表に入力したりして、これは大きく取れたなとか、ここのエントリーは良くなかったなど、儲けた金額以外の所で楽しむ方が良いでしょう。そして勝っているなら出金しないでいる方が、積み上がっていく楽しみも加わって、ゲームのような印象も持つことが出来ます。

FXは地道な積み重ねるものですが、何らかの楽しみを見つけていくのが稼ぐようになるコツでもありますね。
でないと続きませんし。

スマホでFXを楽しむためにチェックすること

FXというと、パソコンの前に画面をじっくり睨みながら時間をかけてチェックするものというイメージを持つ人も多いと思いますが、時代も大きく変わってどんどん便利になっています。今ではスマホが普及して、スマホでなんでもできる時代となっているのです。

このFXに関してもそうであり、スマホの機能が充実してきているのです。PCでは自宅などでしかできないのに対して、スマホでは外出先でトレードができるので便利なのです。FX各社がこうしたスマホへの対応をスピーディに行っていて、より便利にいつでもトレードできるようなサービス、そしてシステムを構築しているのです。

自分の使っているスマホがそうしたFXの会社に対応している端末なのかどうか、そしてユーザビリティに関して調べてみることができます。相場はつねに動いていますのでここぞという値動きのときをスマホでトレードしたいものです。そしてポイントになるのが発注機能です。発注のときにうまくできなくてイライラしたりしないために、スムーズで簡単に発注ができるのかどうかというのは大きなポイントになるのです。

FXについての勉強

FXを始めようと、考えている人は今多いと思います。
消費税増税に、給料は上がらずでなかなかお金が貯まらない…と考えている人は、投資などでお金を増やしたい、と考えFXを副業として始める人も増えています。

FXは自宅でも稼ぐことができますので、今FXを始めたいと考える人は増えてきています。
そこで、FXですが、まず始めるにあたって、勉強などが必要です。
たとえば、FXを行うには様々な知識が必要です。

まずはチャートの見方などを知ることが大切ですし、さらには株価などをある程度予測できるまでの動向を掴んでおかなければいけません。
まずは、経済ニュースなどには一通り目を通しておくことが大切ですし、さらには株価の情報だったりなどトレンドニュースなどをチェックしておくことが大切です。
また、毎日のドル円の動きなどはチェックが必要ですし、空き時間などにも動きを見ておく必要があります。
FXの書籍などはたくさん販売されていますので、こうした本を使って勉強することも大切です。