今はトレンド期間か、レンジ期間か

FXは基本的には今買うのか売るのか何もしないのかを判断することからトレードが始まります。

トレードにはさまざまな手法がありますが、同じ条件でエントリーしても利益となるときもあれば損失となるときもあります。どうしてそうなるかというと、トレンド相場のときとレンジ相場のときでは同じシグナルでも正反対の意味になるからです。例えば前回高値近辺に来たとき、トレンド相場であればそこからさらに上昇していくことになりますが、レンジ相場では反転して下落することとなります。

ということはまずは「今はトレンドなのか」「今はレンジなのか」をしっかり判断することができれば利益に結びつくエントリーは半分は成功するということになります。

テクニカル手法で代表的な移動平均線はまさにトレンドを見極めるものですし、ボリンジャーバンドもトレンドとレンジの見極めに大きな力となる手法です。
とりあえずはトレンドがはっきり出ているときのみそのトレンドにのっかる手法(いわゆる順張り)を極めてみるのが確実に利益をものにする近道だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>